MENU

#02

十日町市

ひなの宿ちとせ

温泉のポテンシャルを体感できる宿

世界でも有数の積雪量を誇る山間部に位置し、豊かな里山に囲まれた温泉宿。地域の自然や文化を体感できるアクティビティも充実。高温で自噴する温泉を活用した取り組みで地域をリードしている。

周辺環境・
立地の特徴

ひなの宿ちとせは、松之山温泉の中心部に位置する旅館である。松之山温泉は新潟県十日町市にあり、この地域には美しい棚田やブナ林の景色がある。松之山温泉郷も自然に囲まれた場所であり、人と自然が共存してきた里山である。雪深い場所であり、冬ともなれば一面の雪景色が楽しめる。四季の移ろいを味わえる露天風呂も魅力。

自然環境の保全

松之山温泉がある新潟県十日町市は美しい棚田の景色が特徴である。棚田とは山などの傾斜にあり階段状に作られた田園を指す。ちとせでは、このような地域の棚田のお米を使ったり、山菜やキノコを採りに里山に入るなどして自然を保全している。こうして人間が山に入ることで動物と人間の境界が保たれ、生態系・里山の保全に繋がっている。
松之山温泉の持つポテンシャルから源泉を浴用以外にも利用する取り組みが広がっている。90度前後と高温で自噴する源泉を利用した環境負荷の少ないエネルギー「バイナリー地熱発電」を実施している。現在は電力会社に電力を売っているが将来的には温泉で使う予定である。また、松之山温泉にはミネラルが豊富に含まれるため、化粧水として温泉ミストを販売している。こうした発電や温泉の商品化は、ちとせのオーナーを中心に設立された「まんま」という町営の旅行会社が実施している。
この他にもちとせの特徴としては、EV充電器を2つ以上備え付けている点が挙げられる。

地域社会・
文化への貢献

ちとせでの夕食は、松之山の文化と地域の食材が詰まった印象深いものである。雪国ならではの発酵食や郷土料理、温泉熱を利用した湯治豚、棚田の風景を表現した棚田鍋など、ストーリーのある料理と雪国の地酒が楽しめる。また、朝食についても地域の食文化が反映されているとともに、松之山の棚田で作られたお米をはじめとする地域の食材を堪能できる。
アクティビティとしては、食事にも使われている、温泉で調理する湯治豚を作る体験や、日本の伝統的な囲炉裏で温泉入りの米粉パンを焼く体験など、合同会社まんまが提供しているプログラムに申し込むことができる。
地域との関わりについては、スタッフの80%以上が地域内の人々であることや、地域の行事を主導して実施していること、職場体験を常に受け入れているなどが挙げられる。

温泉のポテンシャルを体感する

Information

住所〒942-1432 新潟県十日町市松之山湯本49−1
電話025-596-2525
URLhttps://chitose.tv

Experience

ひなの宿ちとせ

レンタサイクル(セルフガイド付)で、サスティナブルツアー(里山・温泉)体験

雪国の自然アクティビティ 日本三大薬湯の一つである松之山温泉。ケガや皮膚病に効くことで知られており、美肌効果もあります。 入浴以外の時間をレンタサイクルとセルフガイドアプリVOXJAPANを使って、ア…

More

©2022 ECO LODGES JAPAN in YUKIGUNI